ナチュラルメイクを貫きたい!

私は普段あまり濃いメイクはしない方なのですが、今話題のピカコさんが出てきてからは、薄化粧が流行りだすのではないかと思っています。これは勝手に私の時代が来たー!と思っています。だって、隠さなくてもいいような綺麗な肌があるならば、そこまで隠さなくてもいいじゃない。そこだけ隠さないとメイクしたところとそうでないところがわかってしまうというのであれば、それは肌の色にあっていないファンデーションを使っているという証拠です。だから、あの引き算メイクというのは私のお気に入りです。

私の場合、綺麗になろうと意識してやったわけではなく、ただファンデーションをたくさん使うのがもったいないという理由で薄化粧になっただけですが。ファンデーションだけでなく、私はアイライナーも一部しか使いません。目尻を少し跳ねる程度なのです。黒目の上にもしっかりと書くことで黒目が大きくなるとも聞きますが、マスカラをした時にまつ毛がより長く見えるし、すっぴんに近い効果が得られるのが好きです。そのため、私はアイメイクもあまりしないという印象を周りは持っているようです。たまにファンデーションと眉毛を描いただけで会社に行く時もありますしね。

でも、毎日ナチュラルメイクなおかげで誰にも気づかれません。これは果たして喜んでいいのか悪いのかよくわからないところではありますが、まぁ良い風にとらえておきましょう。スポーツをして汗をかいたり、友達を温泉に行ったり、彼氏とプールに行った時でもすっぴんとメイク姿にそれほどギャップがなければがっかりもびっくりもされないはず。私はそういう女性になりたいので、今もナチュラルメイクは続けています。濃いばかりが美容に凝っているわけではありませんからね。

コスパ洗顔で肌を維持する方法

2016-08-10_144549

ここで紹介したいのが、私の体験談になりますが洗顔を徹底しています。肌が弱い私は、値段ではなくコスパのあったものを使用しています。大体400円位の物です。化粧水も1,000円しません。年齢と共に肌は弱っていきますが、高い物を使用することが悪い訳じゃないですが歳と比例してもっといい物を肌も求めていくので効果の持続性が薄くなるからです。

きちんとまず洗顔をする前に顔を先に温水で(顔の毛穴を開いて、肌をリラックス状態にする為)ある程度濡らします。大体1分弱です。その後、洗顔料を爪1枚分位の量を片方の手の平にお皿を作る感じで真ん中に出します。そこから少しずつお湯や水を足しながら生クリームを作る様に泡立てていきます。(出来たらトマト一個分位を目標にしています。)その時に、泡のキメが粗かったりベチャベチャな状態はNGです。難しい場合は100円ショップ等で売っている泡立てネットを使用することをお勧めします。

もう片方の手で泡を、顎下・両ほほ・鼻先・おでこに置くようにのせるとひっつきます。作った泡全て使います。まず指全体で、おでこからこめかみまで伸ばして何回か撫でるようにします。その時に意識する2つポイントがあります。(おでこ皺や眉間の皺を引き伸ばす様に内側から外へ持っていくことと,ごしごし力をいれすぎないことです。)その後、手についた泡を瞼に乗せますが鼻から輪郭に向かってスライドさせます。(リンパの流れと一番瞼の皮が薄いので指2本位です。)

次にまず鼻の骨の上を謎って横側をくりくりと細かく円を描く様にするか、片方ずつの指を上下運動のように洗います。その後鼻先に乗せた泡を特に小鼻です。一番毛穴が詰まっているので円状にしっかり洗ってください。そして、頬になります。頬は下から上へ大きく回数を増やしてなぞっていきます。最後に顎に乗せた泡で,顎から鼻下,唇周り唇にも泡を塗ります。

洗い流します。(まず温水で歳の数。冷水で歳の数×2以上を目安にしてください。)タオルで拭くときは肌が何も着いていないので包み込むように優しく水滴を取ります。その後に化粧水です。肌に刺激を与えて浸透させる為に500円玉位を出して軽く手になじませて歳×3回タップしています。段々手のひらとほっぺの部分の柔らかい部分が張り付いてもっちりします。ある人はパックでも大丈夫です。

まず普通にしていても顔にも毛穴はあるのでしっかりした洗顔が大事です。

年齢を重ねた女性のハリアップにはコラーゲンよりもエラスチン

2016-08-03_142705

子供の時から、思春期を迎えても、成人を迎えても、ずっと乾燥肌で悩んできました。カサカサしたり、ファンデがよれたりなどの問題は若かりし頃からありましたが、毛穴の悩みに関してだけは無縁で、脂性肌の人独特の悩みだと思っていました。

ところが年齢を重ねた今、頬に毛穴が出現。
あれ?この年になって脂性肌に肌質が変わったのか?とも思いましたが、相変わらず乾燥してよれるファンデ。そこで、デパートのコスメカウンターやネットで情報収集したところ、頬の毛穴は乾燥と加齢によるたるみですと・・・

乾燥はまだしも、たるみという言葉にはショックを受けました。だってたるむと毛穴も目立つけど、その分顔も垂れ下がって老けて見えるってことですし・・・

焦ったわたしは今までの基礎化粧品のグレードをアップし、少し値が張るものに変えました。そして今まで使用していなかった導入美容液も追加。しかし、次の日劇的に毛穴が消えた!化粧ノリが抜群にいい!とはならないものですね。しばらく継続すると、「あれ?白くなった?」とか言われましたが、もともと褒めてくれる&細かいとこりを見ている知り合いから1,2回言われた程度で、自分ではほぼ変化はわかりませんでした。

そこでわたしはサプリメントも投入。
最初は安直に良く聞くコラーゲンに手を出したのですが、1~2ヶ月続けてもそんなに変化はなく・・・何がいいんだろうか?と思い調べてみると、若い人にはコラーゲンも効果があるが、ある程度年齢を重ねた人にはプラセンタやエラスチンが良いとのこと。ここでわたしが特に気になったのがエラスチンです。

エラスチンは皮膚のハリを保つのに重要な役割を果たしているとのこと。ハリ感アップ→たるみ軽減→毛穴縮小?と考えたわたしは早速毎晩エラスチンのサプリメントを服用することにしました。

そして1ヶ月ほど服用した結果、小さくなりました毛穴。
普通に肌が綺麗と褒められることも増えたのですが、自分で鏡を見てもすっぴんでもあきらかに毛穴が目立たなくなりました。そしてファンデのよれともいつの間にかさよならしていました。そしてやっぱり効いていると思ったのが、2週間ほど飲み忘れたら忘れていた毛穴やファンデのよれが出現しました。

外からのスキンケアやコラーゲンももちろん効果的だし大事だと思いますが、それらをやっても効果に物足りなさを感じる人には、わたしは1度エラスチンを試してみることをおすすめしたいと思いました。本当は食べ物から栄養として取れたらいいんでしょうが、なかなか難しくわたしはサプリメントで摂っています。

話はそれますが、これを期に肌に良い成分をうまく取り入れた食事が作れるよう、お料理の勉強も精進したいと思いました。